早期予約すれば費用が浮く

update list

2018/02/22
車検時の消耗品の交換は本当に必要なのか?
2018/02/22
自動車に詳しくない人でも受けやすい車検もある
2018/02/22
最近では即日車検が一般的
2018/02/22
不安な人は相見積もりも有効な手段

車検費用を安く抑えるためのコツ

車を所有していると必ずやってくる車検の案内。その時に頭に浮かぶのは車検費用ではないでしょうか。車検費用って結構高額なんですよね。軽く10万円は超えてしまいます。新車を購入してから1回目や2回目の車検だと車を直す箇所もほとんど無いでしょうけど、それを越えるとどんどんガタがきてしまい、部品の交換をするとなると20万円を超えることにもなりかねません。
そんな車検費用ですが、とにかく安く済ませたいですよね。車を購入したお店で車検を受ける場合、どうしても高くついてしまいます。でもカー用品やガソリンスタンドにお願いをすると安くなるのをご存知でしょうか。安い車検は不安だと思われる方もいらっしゃると思いますが、決してそんなことはありません。資格を持った整備士の方がしっかり点検してくださるのでご安心下さい。
さらに安い車検を希望される場合は早期予約でもっと格安になります。予約をした時にいろいろ質問されますが、例えばワイパーやオイル交換、バッテリー交換など、車検に必要ない箇所の交換を勧められても断ると安くなりますよ。本当に車検に必要な箇所だけ点検してもらうと良いでしょう。とは言え、車を運転する以上、安全は必要ですので必ず車検は受けるようにしましょうね。

車検を受ける意義と受けられる場所

日本には車検制度があり、普通車の場合には新車購入した3年後に初回。その後は2年に1回道路運送車両法の保安基準を満たしているかのチェックを行います。当然お車は精密機器でありますので専門機関で受けることとなりますが、現在では様々なところで検査を受けることが出来るようになりました。価格の面でも安い場合がありますが、果たしてしっかりした検査と修理を受けることが出来るのでしょうか?
結論から申し上げると日本においてはどこで車検を受けても安全面においては大丈夫だと言えます。後は様々なサービス面等の観点から皆さんが業者を選ぶということとなるでしょう。具体的に車検を受けられる場所としては、自動車を購入したディーラーが一般的です。次にカー用品店にある整備場やガソリンスタンド。さらにはユーザー車検やユーザー車検代行など様々あります。価格面だけを取ればディーラーが一番高額で、その他は競争力により安い所も増えておりますが、車検費用の半分以上の割合は税金と自賠責保険料金ですので、あくまで整備の料金によって価格が違うということとなります。
ただ、自動車の整備は常日頃から行っていくことが重要でありますので、ただ車検時の料金が安いだけで業者を決めるというのはオススメできません。アフターフォローも込みで車検の業者選びをした方が良いでしょう。

完全予約制の立会い車検でおまたせいたしません。 バイク車検も立会い車検を実施しています。 アクセスが良いエリアの店舗が多く便利です。 ホリデーの立会い車検システムは21年目を迎える、永く信頼頂いているサービスです。 東京FM全国ネットでのラジオCMや各地でCM放送中 全国で、国際規格のISO9001:2008を取得。 車検は少しでも安い方がいいと思っている人へおすすめの業者です

contents

最近では即日車検が一般的

安くて速い車検業者があるのはなぜか? かつては車検と言うと1週間程度は車を預けて検査を行っていましたが、最近では即日で行える業者が増え、さらに価格も安いというケースも随分増えまし…

車検時の消耗品の交換は本当に必要なのか?

社有車や業務用の車両もユーザー車検が利用可能! 事業主や自営業者にとって、発生する経費は少しでも抑えたいものです。特に社有車などの業務用車両は所有台数が多くなるほど経費が高くなり…

自動車に詳しくない人でも受けやすい車検もある

車検費用が安い業者の見極めポイントは? 自動車を維持する上で悩ましいのが車検費用です。使用頻度や走行距離に関係なく、登録時からの期間で決まるため、あまり自動車を使用しない人には高…

不安な人は相見積もりも有効な手段

安い車検の注意ポイント!基本料の中身に注意! 車検費用を安く済ませたい方は、非常の多いものです。新車で購入後3年、それ以降は2年毎に車検となり、自動車を維持する費用としては一時的…

TOP