自動車に詳しくない人でも受けやすい車検もある

update list

2018/02/22
車検時の消耗品の交換は本当に必要なのか?
2018/02/22
自動車に詳しくない人でも受けやすい車検もある
2018/02/22
最近では即日車検が一般的
2018/02/22
不安な人は相見積もりも有効な手段

車検費用が安い業者の見極めポイントは?

自動車を維持する上で悩ましいのが車検費用です。使用頻度や走行距離に関係なく、登録時からの期間で決まるため、あまり自動車を使用しない人には高く感じてしまいます。そこで、車検費用の安い業者に依頼したり、予約割引のある業者を検討したりします。ですが、車検が終了してらか高額な費用を請求されるケースもあり、安易に安い車検を選ぶことにはリスクがあります。
そこで注意したいポイントとして、車検を依頼する業者は『民間車検場(指定工場)』であるかどうかです。民間車検工場の場合、検査ラインを自社に所有しているため、車検整備後は直ぐに車検整備が受けられ、後は纏めて陸運局に書類を提出することから車検コストが安くなります。
一方、民間車検工業ではない場合、車検整備後に陸運局へ自走し、検査を受けることとなりこの手間が手数料に含まれてしまいます。書類提出の費用ではなく、実際に検査を受けに行くという実費精算となるため、時間当たりの費用が生じ高額になるケースもあります。そのため、少しでも安い費用で車検を受ける場合は『民間車検場(指定工場)』であるかを確認し、費用が安く抑えられているかチェックすることがおすすめです。陸運局までの距離が長い分、車検実施そして完了までの費用も高くなることがあるため、陸運局から十良い場合には注意が必要です。

ユーザー車検なら車検費用が安くてお得!

車検は、定期的に発生するものであり、自動車維持費用の中でも高いと認識してしまいます。車検費用が安い業者に依頼したとしても、大幅に安いという訳ではなく、車検検査費用や申請代行費用が安い程度となりお得感がありません。しかし、ユーザー車検を利用すれば数万円単位での車検費用削減が見込めます。
ユーザー車検は、車検検査および申請を所有者自ら陸運局で行うものとなり、近年その実施者数は増えています。ユーザー車検の魅力は、申請代行手数料が自分で行うため掛からないこと、車検検査を陸運局の検査ラインで行うことで検査費用が安いということです。ディーラーや民間車検工場は、民間車検場という指定工場になっており、車検検査費用が費用の中に含まれてしまいます。結果、検査費用が高くなるのが実態です。
ですが、民間車検場で掛かる費用が大幅に抑えられることで、ユーザーが支払う費用は整備費用、予備検査費用、法定費用そして各種申請に掛かる費用となることから数万円単位での費用削減が可能になっています。ユーザー車検は難しい、手間が掛かると思いがちですが今では需要も多いことから、陸運局で車検を受けるためのマニュアルや申請書類の記載方法などの情報もあります。そのため、女性や自動車の詳しくないという方でも利用し易くなっています。

contents

最近では即日車検が一般的

安くて速い車検業者があるのはなぜか? かつては車検と言うと1週間程度は車を預けて検査を行っていましたが、最近では即日で行える業者が増え、さらに価格も安いというケースも随分増えまし…

車検時の消耗品の交換は本当に必要なのか?

社有車や業務用の車両もユーザー車検が利用可能! 事業主や自営業者にとって、発生する経費は少しでも抑えたいものです。特に社有車などの業務用車両は所有台数が多くなるほど経費が高くなり…

自動車に詳しくない人でも受けやすい車検もある

車検費用が安い業者の見極めポイントは? 自動車を維持する上で悩ましいのが車検費用です。使用頻度や走行距離に関係なく、登録時からの期間で決まるため、あまり自動車を使用しない人には高…

不安な人は相見積もりも有効な手段

安い車検の注意ポイント!基本料の中身に注意! 車検費用を安く済ませたい方は、非常の多いものです。新車で購入後3年、それ以降は2年毎に車検となり、自動車を維持する費用としては一時的…

TOP