不安な人は相見積もりも有効な手段

update list

2018/02/22
車検時の消耗品の交換は本当に必要なのか?
2018/02/22
自動車に詳しくない人でも受けやすい車検もある
2018/02/22
最近では即日車検が一般的
2018/02/22
不安な人は相見積もりも有効な手段

安い車検の注意ポイント!基本料の中身に注意!

車検費用を安く済ませたい方は、非常の多いものです。新車で購入後3年、それ以降は2年毎に車検となり、自動車を維持する費用としては一時的に高額な出費となります。少しでも車検費用を抑えたい方は、基本料金が安い車検を選択しますが、いざ車検が完了して請求される金額が高額になるケースは少なくはありません。
そもそも、車検費用を大きく分類すると部品や消耗品の交換が無ければ、車検に掛かる事務手数料および検査費用、そして国に支払う費用だけです。業者が安く出来るのは、自社で発生する費用のみとなります。ですが、車検費用が安い業者を選ぶ際、基本料金にどんな費用が含めれているかチェックすることです。
基本料金とは別に検査費用を別に計上する業者も存在し、広告や看板などでアピールする費用はあくまで基本料金だけで誇大広告を行っているケースがあります。少なからず、基本料金の中に点検料や申請代行手数料が含まれているかどうかを申し込みとして見積もり段階でチェックすることが肝心です。また、内容が不明確な料金が含まれている場合は、安い基本料金と見せかけ、他のところで利益分を計上するという手口も存在します。先ずは、車検費用は安いということも重要ですが、複数社に相見積を行い、適切な金額設定であるかを判断する必要があります。この際、基準としてディーラーの車検費用を用いることで相場が妥当か判断可能です。

事故を防ぐために大切な車検は複数業者から見積もりを

車検は交通事故を防ぐために重要な制度です。もし、車検を受けずに自動車を運転し続けていると故障していることに気付かない可能性が高まります。自動車の不調が原因の事故を引き起こさないためにも、プロの目でしっかり判断してもらうことが大切です。
しかし、車検を受けることのできる場所は一箇所に決められているわけではありません。車検はさまざまな店舗で取り扱われているので、行ける範囲でベストな業者を選ぶ必要があります。かかる費用は店舗によって異なり、1万円単位で違うことも珍しくありません。そのため、できるだけ安い値段で車検を受けたいなら下調べをした方が無難です。
そこでおすすめの方法が複数の業者から見積もりをとることです。見積もりだけなら無料で請け負っているお店が多いので、追加の費用は必要ありません。複数の業者の見積もり書を比較すれば、どこが一番安いのかすぐに判別することができます。ただし、見積もりだけで決めるのではなく、ある程度車検に関する評判も調べておきましょう。もし検査がおろそかで故障や不調を見逃すようだと車検を受ける意味がありません。特に不自然に安い車検を提供している場合には厳しくチェックすることをおすすめします。

contents

最近では即日車検が一般的

安くて速い車検業者があるのはなぜか? かつては車検と言うと1週間程度は車を預けて検査を行っていましたが、最近では即日で行える業者が増え、さらに価格も安いというケースも随分増えまし…

車検時の消耗品の交換は本当に必要なのか?

社有車や業務用の車両もユーザー車検が利用可能! 事業主や自営業者にとって、発生する経費は少しでも抑えたいものです。特に社有車などの業務用車両は所有台数が多くなるほど経費が高くなり…

自動車に詳しくない人でも受けやすい車検もある

車検費用が安い業者の見極めポイントは? 自動車を維持する上で悩ましいのが車検費用です。使用頻度や走行距離に関係なく、登録時からの期間で決まるため、あまり自動車を使用しない人には高…

不安な人は相見積もりも有効な手段

安い車検の注意ポイント!基本料の中身に注意! 車検費用を安く済ませたい方は、非常の多いものです。新車で購入後3年、それ以降は2年毎に車検となり、自動車を維持する費用としては一時的…

TOP