最近では即日車検が一般的

update list

2018/02/22
車検時の消耗品の交換は本当に必要なのか?
2018/02/22
自動車に詳しくない人でも受けやすい車検もある
2018/02/22
最近では即日車検が一般的
2018/02/22
不安な人は相見積もりも有効な手段

安くて速い車検業者があるのはなぜか?

かつては車検と言うと1週間程度は車を預けて検査を行っていましたが、最近では即日で行える業者が増え、さらに価格も安いというケースも随分増えました。なぜそのような車検業者が多いのでしょうか?果たしてそれは安全なことなのでしょうか?まずは速さの理由から、車検専門の検査ラインとコンピューターシステムが導入されており、加えて検査員と整備士もしっかり役割分担をしてスピーディーな検査が進められるようになりました。設備とノウハウが整っていることで即日車検が一般的になりつつあるのです。
次はなぜ安いのか?幾つか理由があり、一つは即日車検が実現したことで、代車を提供する必要が無くなったという点です。車を預かる場所の確保も必要なくなり経費削減につながっています。そしてかつては陸運局などへ行くための代行料金が加算されておりましたが、こちらも1度にたくさんの車の登録に行くことが可能となったため、今では代行料金を取らない業者も増えています。
さらに部品交換においても、かつては残念ながら業者側で不明瞭な交換事項があり料金が上乗せされていることもありました。それについても現在は一切無く、お客さんが立会いの元で部品の交換確認を行いますのでより安くおさまることとなるのです。したがって安全面には全く問題なく安くて速い車検が実現しています。次の車検業者選びにぜひ参考になさってみてください。

車検時に部品交換費用を安く済ませる際のポイント!

車検は何かと費用が掛かるもものであり、しかも定期的に実施する必要があるため、自動車の維持費用の中では不安が大きくなります。少しでも車検費用を抑えるため、基本料金が安い業者を選んだり、予約割引が適用されることなどを活用するのがおすすめになります。
ですが、車検時に部品交換が発生する場合、交換に掛かる工賃が抑えられるケースもあります。それは、複数箇所の部品交換が発生し、類似した場所もしくは分解交換する際、同時交換が可能なケースです。このような場合、業者が部品交換をする手間自体はあまり掛かりません。ですが、交換する箇所が別ということにも関わらず、別々の工賃を設定し、二重で費用が計上されることもあるため、同時交換出来る個所を知っておくことが少しでも安い工賃にするポイントです。
また、走行距離や年数で交換する部品についても、『Aというパーツは今回の車検で』、『Bはまだまだ大丈夫だから次回に』というのはおすすめ出来ません。この方法では、毎回交換工賃が発生してしまいトータル的に損をしてしまいます。車検費用はその時点で安いことも重要ですが、将来的に費用が安いかどうかも見極めることが重要なポイントになっています。

contents

最近では即日車検が一般的

安くて速い車検業者があるのはなぜか? かつては車検と言うと1週間程度は車を預けて検査を行っていましたが、最近では即日で行える業者が増え、さらに価格も安いというケースも随分増えまし…

車検時の消耗品の交換は本当に必要なのか?

社有車や業務用の車両もユーザー車検が利用可能! 事業主や自営業者にとって、発生する経費は少しでも抑えたいものです。特に社有車などの業務用車両は所有台数が多くなるほど経費が高くなり…

自動車に詳しくない人でも受けやすい車検もある

車検費用が安い業者の見極めポイントは? 自動車を維持する上で悩ましいのが車検費用です。使用頻度や走行距離に関係なく、登録時からの期間で決まるため、あまり自動車を使用しない人には高…

不安な人は相見積もりも有効な手段

安い車検の注意ポイント!基本料の中身に注意! 車検費用を安く済ませたい方は、非常の多いものです。新車で購入後3年、それ以降は2年毎に車検となり、自動車を維持する費用としては一時的…

TOP